エキストラバージンオリーブオイル 2018年産 受注開始!

トスカーナ州はイタリアの中でも高品位オリーブオイルの産地としてとても有名です。トスカーナ産のエキストラバージンオリーブオイルは、青々とした実を連想させる新鮮でフルーティーな香りと、スパイシーな辛みと苦みのある味わい、そして、エメラルドのような鮮やかな緑色が特徴です。

ピッコロカンパーニャのエキストラバージンオリーブオイルは、トスカーナ産オリーブオイルの特徴を有したフルーティーで爽やかなグリーンを感じる香りと味わいの最高級のエクストラバージンオリーブオイルです。

栽培方法

オリーブの栽培方法には、化学肥料を一切使用しない羊を使った自然農法を行っています。 羊が放牧されたオリーブ園では、自由に羊が動き回りフンをします。

これが雨で地中にしみこむ事で栄養豊な土壌が形成されされます。
この養分を取り込んだオリーブは、はちきれんばかりに丸々と成長します。

 

収穫方法

オリーブオイルの品質を左右する大きな要因の一つに収穫方法があります。収穫されたオリーブはその瞬間から酸化をはじめるため、なるべくキズが付かないように慎重に収穫します。

一般的なオリーブ農園では、機械でオリーブの樹を揺らし、地面にひいたネットに実を落とすことで収穫します。ただこの方法だとオリーブの実が地面に落下した時にできるちいさなキズが元で酸化を進めてしまうという欠点があります。

ピッコロカンパーニャでは機械を使わず手作業で実の収穫を行い、収穫ネットを地面から浮かせる工夫によりオリーブの実にキズが付かないようソフトにキャッチします。

搾油方法

オリーブの実は収穫した瞬間から酸化をはじめる為、収穫後は素早く搾油する必要があります。
ピッコロカンパーニャでは収穫後10時間以内に、搾油時の酸化を最低限にする最新の搾油機によって搾油します。
これにより酸度0.16のオリーブオイルが生まれます。

ピッコロカンパーニャのオリーブオイル

私たちが丹精込めて作ったエキストラバージンオリーブオイルを紹介します。

 

原産地 イタリア トスカーナ州 バーニョ・ア・リポリ
酸度 0.16(トスカーナ州商工会議所測定値)成分分析表はこちら
原材料 オリーブ(フラントイオ種、レッチーノ種、モライオーロ種)
搾油時期 2018年11月 
容器 密閉式オリーブ缶
保管方法 冷暗所に保管(19~22℃が最適な保管温度です)
価格 24,000円(3リットル)
38,000円(5リットル)

※販売数には限りが御座います。売り切れの場合はご容赦ください。


2016年「金賞」を受賞しました。


2016年4月。世界21ヶ国のオリーブオイル生産者およびディストリビューターが参加して行われた
「OLIVE JAPAN 2016 国際エキストラバージンオリーブオイルコンテスト」に於いて、600以上のエントリーの中からピッコロカンパーニャのエキストラバージンオリーブオイルが「金賞」を受賞しました。

ご利用方法

必要な分量を缶から遮光性のある容器に移してご利用ください。
雑味の無いすっきりとした味わいです。和食、洋食など幅広くお使いいただけます。

ご購入量の目安

一人当たり毎日カレースプーン1杯程度(約7ml)のオリーブオイルをサラダや料理に使われた場合、年間で約2.5リットル必要です。
(ご夫婦二人でしたら5リットルで一年間ご利用いただけると思います)